BMC(不飽和ポリエステル)の熱硬化性樹脂の特徴
トップページ
成形技術
熱硬化性樹脂・圧縮成形樹脂
機械加工
製品種類(硬化性樹脂)
・熱硬化性プラスチック
・ガラスファイバー強化樹脂(FRP)
・カーポンファイバー強化樹脂(CFRP)
製品事例
・航空機部品
・配電盤用部品
・絶縁性能・耐熱性能製品
・食器ほか
・コイル巻線、コイルモールド
取扱い素材・材料
材料メーカー一覧
BMC(不飽和ポリエステル)
エポキシ
フェノール
紙ペーク・布ベーク
ユリア
ジアリルフタレート
メラミン
ABS
各種熱可塑性材料
カーボンクロス積層板
無機系断熱材料
企画開発製品
バイパスケーブル
電線接続器具
スマートターミナル
スマートメーターアダプター
設備紹介
会社概要
沿革、挨拶、経営方針
お問合せ
HOME 素材・材料 BMC(不飽和ポリエステル)
材料メーカー一覧
BMC(不飽和ポリエステル)
特徴 BMC(不飽和ポリエステル)は、バルク状の材料で、混合されている繊維が短く、複雑な形状や寸法安定性が求められる製品に適しています。
用途 産業用機器ほか

不飽和ポリエステルの豆知識
FRPと不飽和ポリエステルの関係
熱硬化性樹脂を圧縮成形する業界では、FRPと不飽和ポリエステルはほぼ同じ意味で使われる場合が多いです。FRPは繊維強化プラスチックの総称で、ガラス繊維などが混合された樹脂のことを一般にFRPと呼びます。どんな材料でも強度を高めるために繊維を混合したものはFRPと言えますが、熱硬化性樹脂の圧縮成形の業界ではFRPといえば「不飽和ポリエステル」のことを指している場合がほとんどです。
BMCはバルク状(=繊維が短い)
Bulkmolding compound(シートモールディングコンパウンド)の略で、
バルク状(粘土のような固まり)になった不飽和ポリエステル材料で、短いガラス繊維が混ぜられています。
BMCはバルク状であり、BMCは混合されている繊維が短く、複雑な形の製品や寸法安定が求められる製品に適しています。
有限会社今村化学
トップページ 会社概要 設備紹介 成形技術 素材・材料 お問合せ
〒569-1034 大阪府高槻市大蔵司2-6-4 TEL:072-688-2708 FAX:072-689-0425
copyright IMAMURAKAGAKU All Right Reserved