紙ベーク・布ベークの熱硬化性樹脂の特徴
 
トップページ
成形技術
熱硬化性樹脂・圧縮成形樹脂
機械加工
製品種類(硬化性樹脂)
・熱硬化性プラスチック
・ガラスファイバー強化樹脂(FRP)
・カーポンファイバー強化樹脂(CFRP)
  ・炭素繊維強化プラスチック曲げ加工
製品事例
・航空機部品
・配電盤用部品
・絶縁性能・耐熱性能製品
・食器ほか
・コイル巻線、コイルモールド
取扱い素材・材料
材料メーカー一覧
BMC(不飽和ポリエステル)
エポキシ
フェノール
紙ペーク・布ベーク
ユリア
ジアリルフタレート
メラミン
ABS
各種熱可塑性材料
カーボンクロス積層板
無機系断熱材料
企画開発製品
バイパスケーブル(ワンタッチ式)
バイパスケーブル(100sq対応)
電線接続器具
スマートターミナル
スマートメーターアダプター
ギターピック・アクセサリー
設備紹介
会社概要
沿革、挨拶、経営方針
お問合せ
HOME 素材・材料 紙ベーク・布ベーク
材料メーカー一覧
紙ベーク
特徴 紙ベークはフェノール樹脂に紙を織り交ぜた板材です。電気絶縁性に優れる材料の中では、比重が軽く、コストも安価です。切削加工にて対応いたします。
用途 産業用機器ほか
材料メーカー一覧
布ベーク
特徴 布ベークは、フェノール樹脂に布を織り交ぜた熱硬化性樹脂です。
布フェノールで成形された製品は高強度で機械的性質に優れています。圧縮成形にて対応いたします。
用途 産業用機器ほか

ベーク材の豆知識
ベーク材とは
ベーク材とはベークライトと呼ばれるフェノール樹脂のことであり、熱硬化性樹脂の圧縮成形の業界ではベーク材とフェノールは同じ意味です。
ベーク材はアメリカ人化学者のベークランド氏がフェノールを用いて開発した樹脂をベークライトと命名したことでフェノール樹脂がベーク材と呼ばれています。

紙ベークと布ベークの違い
紙ベークと布ベークの違いは、フェノール樹脂に紙または布のどちらを加えて成形されたかの違いです。
紙ベークとは
フェノール樹脂に紙を混ぜて成形されています。絶縁性に優れた熱硬化性樹脂の中でも比重が軽く、安価です。
布ベークとは
フェノール樹脂に布を混合して成形されています。紙ベークと同じく絶縁性に優れ、熱硬化性樹脂の中でも比較的比重が軽い樹脂です。紙ベークと比較するとコストは高めになりますが、より高強度で機械的性質に優れ衝撃などに強いことが特徴です。
有限会社今村化学
トップページ 会社概要 設備紹介 成形技術 素材・材料 お問合せ
〒569-1034 大阪府高槻市大蔵司2-6-4 TEL:072-688-2708 FAX:072-689-0425
copyright IMAMURAKAGAKU All Right Reserved